日立 白く まくん 掃除。 【2019年版】日立のエアコン「白くまくん」 おすすめ3モデルを徹底比較!家電のプロが解説

日立によると、白くまくんシリーズの高機能モデルが「室内を快適」にするのはあたりまえ。 フィルターはたしかに汚れやすいパーツですが、これだけではエアコン内部における「風が通る」パーツすべてを掃除することはできません。

10

しつこい汚れも、中性洗剤で十分落ちます。 リビングのエアコンは平均して2〜3年がエアコンクリーニング時期のようです。

19

配線工事やコンセントの交換など電流・電圧に関わるような危険な作業にも安全に対応。

21

エアコン:プチまとめ その他、エアコン関連の記事を参照したい方は、当サイトの左上の【エアコン:プチまとめ】を参照して下さい。 とくに新モデルはエアコン内部、熱交換器のさらに奥にあるファンまで掃除する「凍結洗浄 ファンロボ」機能が特徴です。

8

内部を清潔に保つことで省エネ性能もアップ。

12

実際に、床に座ってみると、ほんわか温かいのに、顔や体に暖気がかかることがなく、快適だった。

フィルターの自動お掃除機能や、取り外せる構造にすることでフィルターやルーバー、フラップなどを手入れできるようにしたモデルもありますが、問題は熱交換器。 最後にエアコンを冷房運転させ、正常に冷えることを確認して作業は終了です。 「低温暖房能力」はその名の通り、低温時の能力の目安。

そこで日立は、水の量を増やすためにどうすればいいかと考えた結果、熱交換器を凍らせて霜で覆い、その霜を溶かしてできる水でホコリやカビを洗い流す「凍結洗浄」を採用。 それほど大きな音はしないので、 余程気になることは無いと思いますが、無音ではないという程度で頭に入れておいたほうが良いかもしれません。 大型工事対応 店舗の改装工事や新築工事にともなう大型工事にも対応。

22