ハリー ポッター クラム。 ホグワーツ生の恋愛事情|魔法ワールド|ワーナー・ブラザース

「そう、その通り。

25

クラムは、第二の課題でハーマイオニーを助けると、夏の間、自分のところに遊びにこないかと誘いました。 を手に入れ、死に際にそれを息子に譲った。 闇の力「オブスキュラス」を体内に秘めている。

9

戦闘に関しても並の魔法使いよりはるかに秀でていたといわれるが、決闘の腕前という意味あいにおいては、ダンブルドアが恐れるほどの存在ではなかったとされている。 彼女の話す英語は訛りで、ビルと交際を始めてからはビルが英語の個人教授をする。 しかし、その明らかに異常な服装も、彼の言動に比べれば大したことはなかった。

19

メローピー・ゴーント マールヴォロの娘でモーフィンの妹。

その際、変身していたハリーに対し「いくら有名になっても可愛い子が自分に振り向いてくれないのなら意味がない」と正体に気づかず愚痴をこぼす。 第7巻『』での登場時は痩せ衰え骸骨のような姿になっており、ヴォルデモートにニワトコの杖の在り処を尋ねられるも、死を受け入れてヴォルデモートに彼の無知と敗北を宣言し、最後まで口を割らなかったため殺害される。 メアリー・ルー・ベアボーン 演 - 日本語吹き替え - 魔法使いや魔女の根絶を掲げる過激団体「新セーレム救世軍」の代表を務めるノー・マジの女性。

2

ロンがキーパーとして初めて出場したクィディッチの試合でグリフィンドールが勝利し、祝賀パーティが開かれます。 ハリーに出会えたことを光栄に思う。

4