神奈川 まん 防。 神奈川県「まん延防止等重点措置」適用拡大 要請など詳細まとめ

発熱、その他の症状のある者の入場の禁止• 即断即決、有効性のある判断と実効性のある決断。 日本財団と連携し、全県下で、高齢者施設従事者への定期検査を実施する。 2 催物(イベント等)などの開催• 混雑している場所や時間を避けて行動すること• 「人と人との距離の確保」「マスクの着用」「手洗いなどの手指衛生」をはじめとした基本的な感染対策を徹底してください。

11

チラシ、ポスター、ホームページ、SNSなど、あらゆる広報媒体を活用し、外出自粛要請等の周知を徹底する。

また、重点措置が適用される17市町以外の地域の飲食店には、引き続き営業時間を午後9時までにするとともに、酒類の提供について本数や時間を制限することやカラオケを使用しないことなどを求め協力した飲食店にはこれまでの売り上げなどに応じて協力金を支払います。

手指の消毒設備の設置• 催物(イベント等)は、主催者は、県が設定した規模要件等(人数上限5000人等)に沿って開催してください。 新型コロナウイルス感染症専用ダイヤル等を通じて、健康・医療、経営など、県民の相談にきめ細かく対応する。 従業員に対する検査を受けることの勧奨• 赤レンガのショッピングモールに観覧車、そしてガンダムとまるでミニお台場の有り様。

30

路上・公園等における集団での飲酒はしないでください。 重点措置の適用は28日から。 (3)宿泊療養施設の確保• ところがそんな昭和も遠くなった令和の御世、お洒落でハイカラでちょっと哀愁漂うヨコハマもすっかり様変わり。

3

先月(3月21日)まで神奈川県に出されていた 「緊急事態宣言」との違いは、知事が 適用する区域を細かく決められることにあります。

マスク飲食の普及徹底を図るため、マスク飲食を実施する飲食店の認証制度を運用する。

10

事業者は、業種別ガイドラインを遵守してください。 正当な理由無く要請に応じない場合、県は立ち入り検査や命令を行うことができ、従わない場合は行政罰として20万円以下の過料が設けられています。 4 職場への出勤・テレワーク• タレントだろうが、学者だろうがはたまた漫才師だろうが... 命令のための立入検査等(法第72条)• 3 職場への出勤等について• 県民に対しては緊急事態宣言が出される東京などとの往来を控えるよう強く求めるほか、路上や公園での飲酒を控えることや、個人の家に集まって飲食をするいわゆる「宅飲み」を同居家族以外とは自粛することなども呼びかけます。

13