プレート テクトニクス。 プレートの下は液状ではない!『図解・プレートテクトニクス入門』(木村 学,大木 勇人)

図4b. 自己矛盾を引き起こしているプレートテクトニクス プレートテクトニクスによると、地球の表層部は、リソスフェアからなる硬い板状のプレート10〜20個程度によって、モザイク状に覆われているという。

「山はどうしてできるのか ダイナミックな地球科学入門」p192 藤岡換太郎 講談社 2012年1月20日第1刷• マントルを構成する岩石は、に対してはとして振舞うが、長い時間単位で見ればを有する。 そこでこれを説明するため、今度はこのプレート境界は「形成されつつある」という考えが出された。

16

日本列島周辺をプレートテクトニクスの立場から見ると、太平洋プレートがフィリピン海プレートの下に沈み込み、フィリピン海プレートがアジアプレートに沈み込むという一種の三角関係にある。

2

「基礎地球科学 第2版」p88 西村祐二郞編著 朝倉書店 2010年11月30日第2版第1刷• そこでは、地表 海洋底 にある物質が、地下深くに運ばれてゆくことになります。 一方、やのように大陸移動説を支持する学者も少数ながら存在し、なかでも1944年にアーサー・ホームズが発表したは、大陸移動の原動力を地球内部のに求めることを可能とした。

23

上下動だけでなく、東西南北を合わせた立体的な動きです。 図10. 一般的に風化作用は物理的風化作用と科学的風化作用に分けられます。

また, 大地震が発生したときには, 数分から数十分の周期の地球自由振動が発生する. つまり、プレートは非常にかたいものであって、周縁部以外では祈れることもひずむこともない。

地球上の各地点に働く引力は, 地球に大きさがあるために天体からの距離に差が生じることで, 場所によりわずかに異なっている. 107) 上:陸と海のプレートのプレートの特徴を簡単に示した板書(ユーラシアプレートは名古屋、陸、密度小、白。

9