ゴルフ パター 打ち 方。 パターの打ち方のコツをプロが分かりやすく解説!

ボールに対して直角に構えやすいのが特徴です。

29

背中の大きな筋肉を使用してストロークすることでストローク軌道が安定し、また緊張した局面でも安定してストロークできるようになります。

21

」という心理は当然ですが、そこはシッカリ抑えましょう。 自分に合った打ち方で 考え過ぎずにパターを振れれば何でも良いという人も居るだろうが、何を どうコントロールするのかを考えてみると このように驚くほど多くの要素が含まれるのである。

24

グリーン上にあるボールは僅かですが自分の重みで地面に対して若干沈んでいます。 松山英樹プロのパッティングは、ゆっくりと、まるで見えない メトロノームでも置いてあるかのようなテンポで一定しています。 しかもパッティングの上達には、パターの形状、振り方、構え方などをバラバラで覚えても有効ではなく 相互の相関関係を知らないと困ることがたくさんあります。

19

多少の個人差はあるにせよ ゴルフを始めた時に見よう見まねでやって 直ぐに様になり そこそこ入るようになるのがパットである。

10

ご自分に合った、よいパターが見つかりますように。 絶対に自分の目線より内側に置いてはダメです。

13