検察 側 の 罪人 評価。 キムタク「検察側の罪人」で好演、それでも日本アカデミー賞「優秀男優賞」を阻む“前科”

そんな木村拓哉ですが、今回は厳格で貫禄ある、中堅エリート検事を演じています。

9

吉高さんはまぁハイボールでも飲んでいれば?って印象しかない(笑) 内容は友達?の想いもあるので一線を越えてでも犯人を捕まえてやるって心情が解るのでタイトル通りでした。

21

上司である最上に疑惑を持ち始めた沖野でしたが、それを最上にストレートにぶつけるわけにもいかず、沖野とその担当事務次官である橘は共に密かに調査を開始します。 原田映画の特徴です。 明るくいくヒーローに対して、ダークな、キムタク。

吉高由里子の力量は、監督さえ把握していない可能性がある。 映画の登場人物が我々の通俗的な固定概念を裏切るとき、それは「面白い」のです。

松重豊や矢嶋智人、大倉孝二、脇を固めるキャストも良い。

29

そして、その作ったセットの中に装飾部が家具や電飾などの登場人物のキャラクターを構築していく物を配置していき、お芝居をする空間を作り上げます。

23