功労 者 意味。 間違いも多い「労をねぎらう」の意味と敬語表現・使い方と例文

一方 「功労」は 「大きな功績と、そのための努力」という意味になります。

では、目上の人に対して使用することが正しい労いの言葉はなんでしょうか。 子供の作文コンクールの表彰式に同行する。

25

立役者の使い方 「立役者としての役割を果たす」「全国優勝の立役者となる」「影の立役者となり勝利を支えた」「業務システム構築の立役者だ」「勝海舟は倒幕の立役者として有名です」などの文中で使われている立役者は、「物事の中心になって重要な役割を果たす人」の意味で使われています。 このような多くの人のためになることをした人は、 「功績」が長く讃えられるかもしれません。

7

「 play an important role in... 立役者は物事の中心となって重要な役割を果たす人を意味し、功労者は功績を残した人を意味します。 文化勲章によって従来文化人への功績をたたえていましたが、文化勲章は憲法第14条の「栄誉、勲章その他の栄典の授与は、いかなる特権も伴わない」という規定により、文化勲章受章者に金品等の副賞が与えられないことから、1951年に文化功労者の制度を設けて功績顕著な人物に対して年金を支給することにしました。 社長や部長は、会社の業績について大変頭を悩ませているのに、平社員は呑気に過ごしている。

表彰式のような改まった場で使うような言葉ですから、ぜひ「顕彰」と「表彰」はどう違うのか、どのようなときに使うのかを確認しておきたいですね。

19

周囲の人が「あの人は大御所ですから」などと使います。

20