冷 然 意味。 「蓋然(的)」の使い方を教えてください。「可能」と同じ意味ですか? A:東京に行きますか? B:まだ決まってないけど、蓋然的ですね はどう?

彼らが侘について言及したものが残っていないため、侘に関しては、彼らが好んだものから探るより他はない。 173)。 ここにも静けさや寂しさのなかに美を見出したことが示されている。

29

含有然字的成语有哪些 蔼然可亲 黯然失色 昂然直入 昂然自若 蔼然仁者 昂然而入 黯然无色 黯然魂销 黯然无神 黯然销魂 岸然道貌 傲然屹立 安然无恙 安然如故 黯然神伤 黯然无光 傲然挺立 昂然自得 黯然伤神 安然无事 比比皆然 不轻然诺 勃然变色 不期而然 勃然奋励 勃然大怒 不以为然 惨然不乐 粲然可观 超然象外 超然物外 冁然而笑 超然自得 超然自逸 怅然若失 灿然一新 处之泰然 春意盎然 超然绝俗 超然远举 超然迈伦 超然独立 超然远引 超然不群 怅然自失 超然自引 超然独处 怆然涕下 淡然处之 淡然置之 荡然无存 大义凛然 大谬不然 道貌岸然 道貌俨然 大缪不然 道貌凛然 怛然失色 翻然改进 翻然悔悟 翻然改图 防患未然 幡然改途 怫然作色 斐然成章 忿然作色 废然而返 斐然乡风 斐然向风 废然而反 怫然不悦 幡然悔悟 艴然不悦 果然如此 果不其然 故我依然 圭角岸然 浩气凛然 豁然省悟 豁然大悟 豁然开朗 豁然确斯 混然一体 混然天成 豁然开悟 惠然之顾 豁然顿悟 浑然天成 悍然不顾 浩然之气 涣然冰释 惠然肯来 赫然而怒 寒灰更然 浑然无知 霍然而愈 恍然大悟 火然泉达 豁然贯通 焕然一新 浑然一体 恍然若失 环堵萧然 浑然自成 焕然如新 酣然入梦 迥然不同 寂然无声 寂然不动 憬然有悟 孑然一身 井然有序 戛然而止 迥然不群 截然不同 计然之术 计然之策 井然有条 喟然长叹 慨然允诺 岿然独存 溘然长往 侃然正色 溘然长逝 慨然应允 岿然不动 理之当然 理所必然 理所当然 了然无闻 了然于胸 茫然自失 毛骨耸然 毛骨竦然 茫然若失 靡然乡风 靡然从风 靡然向风 靡然顺风 斠然一概 靡然成风 毛发耸然 毛发悚然 毛骨悚然 漠然置之 茫然不解 庞然大物 判然不同 怦然心动 跫然足音 愀然不乐 确然不群 悄然无声 愀然无乐 阒然无声 凄然泪下 然糠自照 然荻读书 任其自然 然糠照薪 索然无味 爽然若失 肃然起敬 死灰复然 爽然自失 索然寡味 神采奕然 肃然生敬 潸然泪下 听其自然 泰然处之 泰然自若 坦然自若 恬然自足 同然一辞 嗒然若丧 突然袭击 陶然自得 惘然若失 巍然屹立 蔚然成风 兴味索然 轩然大波 意兴盎然 兴致索然 兴趣盎然 欣然自得 萧然物外 须眉皓然 轩然霞举 褎然举首 嫣然一笑 怡然自乐 晏然自若 跃然纸上 舆论哗然 悠然自得 隐然敌国 怡然自若 夷然自若 一见了然 依然故我 油然而生 毅然决然 俨乎其然 意兴索然 哑然失笑 因其固然 怡然自得 一目了然 依然如故 自然而然 曾不惨然 再不其然 卓然不群 正气凛然 昭然若揭 足音跫然 勃然不悦 勃然作色 才气超然 曾不惨然 冁然一笑 瞠然自失 处之夷然 处之怡然 处之晏然 处之绰然 怆然泪下 绰然有余 大事已然 荡然一空 荡然无余 荡然无遗 断然不可 断然处置 断然措施 翻然悔过 翻然改悔 翻然改悟 废然思返 怫然而怒 斐然可观 愤然作色 艴然大怒 海内澹然 浩然正气 赫然耸现 焕然冰释 恍然自失 豁然雾解 斠然一概 孑然无依 忾然叹息 慨然领诺 聚讼纷然 溘然而去 溘然而逝 块然独处 喟然叹息 喟然太息 喟然而叹 凛然正气 理固当然 满坐寂然 满目萧然 芒然自失 茫然失措 茫然若迷 茫然费解 懵然无知 渺然一身 冥然兀坐 嘿然不语 默然无声 默然无语 囊橐萧然 飘然欲仙 飘然若仙 飘然远翥 神色怡然 神采焕然 生意盎然 生机盎然 顺其自然 竦然起敬 泰然居之 泰然自得 天理昭然 恬然自得 头角崭然 宛然在目 宛然如生 惘然如失 嵬然不动 巍然不动 巍然挺立 巍然耸立 习惯自然 习若自然 向风靡然 想当然耳 萧然尘外 欣然命笔 欣然自乐 欣然自喜 兴味萧然 褎然举首 褎然冠首 褎然居首 泫然流涕 哑然一笑 哑然大笑 哑然而笑 哑然自笑 雅量豁然 奄然而逝 嫣然含笑 嫣然而笑 音问杳然 以防未然 夷然不屑 屹然不动 屹然挺立 怡然自娱 怡然自足 意兴盎然 易地皆然 悠然神往 悠然自适 杂然相许 昭然可见 昭然在目 昭然著闻 正义凛然 秩序井然 朱墨烂然 自以为然。 」 (『現代語訳 南方録』「棚 一茶室の発達」p. 毛骨耸然 形容极度恐惧与惊慌。 1131-1132• やぶ蚊の猛攻撃にあったが、 その吸血鬼にもおおように血液の施せるだけの寛大さを もてるのもそれ以上の自然の元気を頂いているからなのだ。

1211-1214• 2019年5月2日閲覧• 1321-1324• 2019年5月26日閲覧。 …こうゆうことは全て釈迦や祖師のやってきた修行であり、そのあとをわれわれが学ぶことである」 (同書「覚書 一わび茶の精神」p. 885-889• この時期、侘びは茶の湯の代名詞としてまだ認知されていない。 NHK NEWS WEB 2019年4月1日. 指神态严肃,一本正经的样子。

21

渡辺誠一『侘びの世界』p. 指事物的发展变化跟预料的一样。 故我依然 故我:旧日的我。 心外無別法 (しんげにべっぽうなし) 本来の自己以外に何もなく、したがって逆に全てのものは自己の顕現に他ならないと考える。

14

無作為で、無礙の世界に遊ぶ姿。 吟風一様松 (かぜにぎんずいちようのまつ) 松はみな同じように風に梢を鳴らしている。

5

元号の発表 [ ] 平成31年政令第143号および内閣告示第1号 2019年(平成31年)4月1日、にて「元号に関する懇談会」を午前9時30分から開催し、参加した有識者たち一人ひとりに意見を聴取した。 1329-1331(大覚寺統)、1329-1332(持明院統) 大覚寺統• 幽鳥弄真如 (ゆうちょうしんにょをろうす) 山奥の鳥が美しい声で鳴いている。

19