えたひにん 魑魅魍魎。 春名真依は何て言った?【活動休止の理由と不適切発言の内容】

きっと何かと言い間違えてポンと出ちゃったのかなと思います。 事実、彼女の失言については 「歴史で習った」や 「教科書に載っていた」という声が上がっているのです。 2021年1月23日に放送されたYoutubeライブで、春名真依さんは「魑魅魍魎(ちみもうりょう)」を間違えて、「えたひにん」と読んでしまうシーンがあったとのことで、その部分が不適切だと言われているようです。

7

もし、えたひにんという言葉の意味を知っていて発言したのであれば、この動画の流れや話の流れからして、「えたひにんが丁寧な暮らしをしてる」という発言は不自然ですからね。

6

でもわざとじゃないんでしょ?発現が発言だけど。 それが自然と口から出てしまった形なのでしょうが、やはり差別用語を公共の場で発言してしまったという責任からは逃れられなかった模様です。 改めて二つの言葉の意味からご説明していきます。

現在もなお,社会的偏見や不当な差別が残っており,その解消向けて努力・運動が行われている。

現時点では活動休止になったばかりですので、公式の発表はありませんが、おそらく数か月の休止期間を経て復帰するものと思われます。

28

春名さんが口にしたワードは、日本における中世以前から見られる身分制度の身分の1つを指したものであり、その人たちを蔑む差別用語です。

20

かわいらしいイラストや空想上のモノマネを披露するなどした。

21