吸入 薬 指導 加算。 地域支援体制加算とは [算定要件,解説]【2020年改定】

算定できるのは3ヶ月に1回まで。

自殺未遂におよぶ 9 糖尿病用剤 1 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認 2 服用患者のアドヒアランスの確認(Sick Day 時の対処法についての指導) 3 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(低血糖及び低血糖状態出現時の自覚症状とその対処法の指導) 4 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値(HbA1c や血糖値)のモニター) 5 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認 6 注射手技の確認(薬剤の保管方法、空打ちの意義、投与部位等)、注射針の取り扱い方法についての指導 10 膵臓ホルモン剤 1 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認 2 服用患者のアドヒアランスの確認(Sick Day 時の対処法についての指導) 3 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(低血糖及び低血糖状態出現時の自覚症状とその対処法の指導) 4 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値(HbA1c や血糖値)のモニター) 5 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認 6 注射手技の確認(薬剤の保管方法、空打ちの意義、投与部位等)、注射針の取り扱い方法についての指導 11 抗HIV剤 1 患者に対する処方内容(薬剤名、用法・用量等)の確認 2 服用患者のアドヒアランスの確認(服用する回数や時間がライフスタイルと合致しているかの確認、アドヒアランス低下による薬剤耐性HIV出現のリスクについての説明) 3 副作用モニタリング及び重篤な副作用発生時の対処方法の教育(重大な副作用の発見のため、発熱、発疹等の初期症状について指導し、体調変化の有無について確認) 4 効果の確認(適正な用量、可能な場合の検査値のモニター) 5 一般用医薬品やサプリメント等を含め、併用薬及び食事との相互作用の確認 特定薬剤管理指導加算を算定するためには「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン」に沿った内容の指導を行い、薬歴にその記録を残さなければなりません。 5 当該加算は、かかりつけ薬剤師指導料又はかかりつけ薬剤師包括管理料を算定している患者については算定できない。 なるべくミルクに混ぜることは避けましょう。

26

構築したものも維持するためには、仕事をできるだけ一人に集中させないことが必要です。 算定要件・施設基準 (変更前) (調剤基本料の注3に規定する保険薬局) 6 薬剤師のかかりつけ機能に係る基本的な業務を実施していない薬局に該当した保険薬局は、5で定める当年4月1日から翌年3月末日までの期間中であっても、4に掲げる業務を合計10回算定した場合には、算定回数を満たした翌月より薬剤師のかかりつけ機能に係る基本的な業務を実施していない保険薬局とはみなさない。 同一薬局の利用促進 再来局までの期間が「6か月」空くと高くなっていたのが、「3か月」と短くなったことで、いろんな薬局で薬をもらっている患者に対して「毎回違う薬局に行くと高くなります」という必殺のワードが言いやすくなった。

12

より 要件イメージ 出典: 喘息または慢性閉塞性肺疾患の患者であること 喘息または慢性閉塞性肺疾患であることが条件ということは、インフルエンザの吸入指導では算定できないということになります。 「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン」を参照しなさい、ということは「薬局におけるハイリスク薬の薬学的管理指導に関する業務ガイドライン」に沿った内容で服薬指導を行い、薬歴を記載しなさいということです。 理由は、調剤基本料1じゃなくなっちゃうと、地域支援体制加算がほぼ算定できなくなっちゃうから。

25

ア 保険医療機関からの求めがあった場合 イ 患者若しくはその家族等の求めがあった場合等、吸入指導の必要性が認められる場合であって、 医師の了解を得たとき 3 当該加算に係る吸入指導を行うにあたっては、日本アレルギー学会が作成する「ア レルギー総合ガイドライン2019」等を参照して行うこと。 調剤報酬改定の時期が来ました。

27

服薬情報等提供料2 20点 患者又はその家族等の求めがあった場合又は薬剤師がその必要性を認めた場合において、患者の同意を得た上で、薬剤の使用が適切に行われるよう、調剤後も患者の服用薬の情報等について把握し、患者、その家族等、又は保険医療機関へ必要な情報提供、指導等を行った場合に算定する。 具体的にコアメンバーの仕事としては、吸入指導勉強会時に症例を用いてワークショップを実施するのですが、症例の作成をお願いしたり、持ち回りで幹事を担当して頂きます。 3,000以上の品目がハイリスク薬として指定されていますので、ここに一覧を載せることはできません。

3 当該加算に係る吸入指導を行うにあたっては、日本アレルギー学会が作成する「」等を参照して行うこと。

29

患者に残薬が一定程度認められると判断される場合には、患者の残薬の状況及びその理由を患者の手帳に簡潔に記載し、処方医に対して情報提供するよう努めること。 なぜそんなこと分かるかというと、これでも 薬剤師の採用を担当してますから、動向はチェックしてるのです。 低血糖を放置すると命に関わる場合があります。

10