五月雨 を あつめ て 早 し 最 上川。 五月雨を あつめて早し 最上川(松尾芭蕉の名言)

時間差がありますので、雨が止んでも油断せず、厳重に警戒してください」 私は、現代社会の無数の無駄な枝葉末節と対極にある、はるか昔に自然を大きくつかみ取ったこの句に、まさに芭蕉の特性、天才、凄さをあらためて感じました。 また、この句は「五月雨を 集めて涼し 最上川」という句が元で、最上川の船町・大石田という地域で行われた句会で詠まれたものでした。

ゲリラ豪雨にでもあったのか。

20

歌枕のイメージが徐々に広がっている(くずされている)のがわかりますね。 このたびの風流、 爰に至れり。 季語は「梅雨晴れ」。

1

「五月雨を集めてはやし最上川」の表現技法 体言止め「最上川」 体言止めとは、俳句や和歌などを詠む際、 語尾を名詞・代名詞で止める表現技法のことです。 斬新な音表現を使った、松尾芭蕉の有名な俳句その1 「 古池や 蛙(かわず)飛び込む 水の音」 (意味: 古い池に蛙が飛び込み、水の跳ねる音が聞こえる) 芭蕉の俳句でもっとも有名なものではないでしょうか。 フリービルドモード内では「超げきとつマシン」を基本的な移動アイテムとして利用することになるが、 入り組んだ場所や段差のある場所などで活きてくる。

21

まとめ いかがでしたか?「五月雨」「五月晴れ」が現在の5月とは関係がないなんて、ちょっと意外じゃないですか?以下にまとめておきます。

なぜなら、川は実際には「雨を集めている」わけではないからです。 上流の水位は下がっているものの多くの支流を抱える最上川の中流等は、引き続き川の増水や土砂災害に十分な注意が必要とのことです。

現在、沖縄地方と奄美地方が梅雨入りしていますが、「五月雨」は、この梅雨どきの雨のことを言います。 江戸を出て北上し、東北・北陸地方を巡って、8月下旬には終着点の大垣(現在の岐阜県大垣市)に着いています。 五月雨(さみだれ) を 集めて早し(はやし) 最上川(もがみがわ) 場所:最上川 解釈 まず読者は予備知識として、山奥での最上川は、もともと流れが速い、という事を知っておこう。

22