東証 再編。 迫る東証の市場再編。そのとき、投資家の動きはどう変わるのか

現行の市場区分 新市場区分 東証一部 プライム市場 東証二部、JASDAQスタンダード スタンダード市場 東証マザーズ、JASDAQグロース グロース市場 「プライム」「スタンダード」「グロース」3市場の主な上場基準は次のようになるとのことです。 また、そもそもまだ名称も本決まりになっていないので、対応もこれからなのだろうと思います。

10

一定の事業規模がある「JASDAQスタンダート」と将来の成長可能性が期待される「JASDAQグロース」の2市場で構成されています。 市場再編に向けた議論と改正事項発表の経緯 現在の市場構造における課題の顕在化により、様々な議論がなされた結果として、今回の市場再編発表に至りました。 上場会社の持続的な企業価値向上の動機付けが不十分。

8

ヨーロッパ先進国の株式市場では最上位市場の銘柄数は500銘柄ほど。

14

・マザーズに上場すると10年後に緩い基準で東証一部に昇格できるルールの廃止 マザーズに上場して10年後には時価総額40億円以上など通常の基準より緩い基準で東証一部に昇格できたが、今後はプライムの厳しい新基準を満たしていないとプライムになれない。

2

5つの市場区分のコンセプトそのものが曖昧だよね• JASDAQグロースが 37社• 新市場は4月4日にスタートしますが、再編後の市場区分に関係なく、当面は4月1日時点の構成銘柄を継続してTOPIXに採用される予定です。 新興企業向けの市場ですが、歴史のある企業も上場しているのが特徴です。 プライム市場への上場、TOPIX銘柄への採用は株価に大きな影響をもたらすため、個人投資家にも大きな影響が出ることは間違いないでしょう。

7

流通時価総額5億円以上、流通株式比率25%以上、利益基準はなし。

19

信用取引、外国為替証拠金取引、株価指数先物取引、株価指数オプション取引、商品先物取引などの保証金・証 拠金設定のある投資対象については、お客様がお預けになった保証金・証拠金額以上のお取引額で取引を行うため、保証金・証拠金以上の損失が出る可能性がご ざいます。 流通株式時価総額が100億円に満たない企業は、25年にはTOPIXから完全に除外されることになる。 市場統合にあたっては、上場会社の負担や投資者の混乱が生じることを避けるため、それまでの市場構造を維持することとしました。