吉備 土手 下 麦酒。 小さな醸造所が造るご近所に愛されるビール。

【申込締切】6月30日(金)までのお申込みとさせて頂きます。 糖化し、おかゆ状になったものを濾過して、出来上がるのが麦汁だ。

17

この日は料理とクラフトビール5種類を飲み放題にしたコースにしました。 また麦祭HPと会場に感謝の気持ちを込めてお名前を記載させて頂きます。 4杯目は新緑というビール。

10

人工的ではない酵母と麦と梨の三位一体の産物です。

6

ですが、しっかり料理をおなかいっぱい食べてこの値段ですからね。 そこで専門的に扱っていた岩手県のクラフトビール「銀河高原ビール」をきっかけに、「いつかビールを造りたい」という、以前から抱えていた思いを実現する決心をした。 吉備土手下麦酒醸造所&普段呑み場 右手に吉備土手下麦酒醸造所&普段呑み場の入口があります 夕刻はこんな感じ 2011年に訪れた当時の普段呑み場 普段呑み場の店内 3方向が窓に囲まれたテーブル席 土手を眺めながら呑むカウンター席 店内中央のカウンター席 カウンターには6本のタップ 対面のカウンターにも、2本のタップ 普段呑み場のフードメニューは、枝豆やチーズ、冷やっこといったおつまみメニューから、各種サラダ、 ポテトフライ、若鶏の唐揚げ、だしまき玉子、海老とマッシュルームのアヒージョなどの一品料理、 お茶漬け、親子丼のようなお食事メニューまで、取り揃えています。

夢は、『人や地域の魅力を発掘し、共に豊かな社会を築くこと!』そのために、飲食店を経営し、お客様や生産者様の「想い」をかたちにし、「繋がり」を広げております。

29

ビールが好きな人はぜひ行ってみてください。 患者の就労を支援するため、運送業を始め、その後、岡山市内の飲食店の経営も手がけた。

的形(まとがた)は瀬戸内海に面する姫路南部の地域であり、祭が参加な地域として有名です。

8

吉備土手下麦酒も4月から大変苦しい日々を過ごしておりますが、少しでもできることをと思いながら毎日営業しております。 また、自分自身も日々成長し続けるために、やりたいことを実現させていく必要があります。

27