映画 夜 の 訪問 者。 夜の訪問者

ルネ・クレマン監督が創り出した靄の中をただ揺蕩い、独特の浮遊感を味わうのが本作の醍醐味といえるでしょう。 ストーリーが途中からどうでも良くなってくるのは、もう雰囲気だけを楽しむ映画なのだと気づく中盤あたりから。 原作:リチャード・マシスン• サンペンスいっぱいにその闘いを描く。

脚本:ドロシア・ベネット、ジョー・アイシンガー、シモン・ウィンセルベルグ、アルベール・シモナン• ロスはもう虫の息・・・ とうとうカタンガが優勢となり、とっさにファビアンヌはミシェルを連れて小屋を飛び出した。 追うカタンガ。 ファビアンヌは消毒用アルコールを顔にあびせ、ミシェールと外に逃がれた。

19

家に帰ると、ロス、カタンガ、ファウストがいた。 またあったんですか!?」 「そうなんですよ~物騒なんで、戸締りだけはシッカリしておいて下さい。

22

それでも警戒するジョー。 火だるまになったカダンガは海に沈んだ。

その赤いバッグには大金がかくされていたのだ。

21

ドブスの目当ては殺された男のもっていた赤いバッグだった。 夜の訪問者 De la part des copains Cold Sweat 監督 脚本 ドロシア・ベネット ジョー・アイシンガー シモン・ウィンセルベルグ アルベール・シモナン 原作 製作 ロベール・ドルフマン モーリス・ジャカン 出演者 音楽 撮影 ジャン・ラビエ 編集 ジョニー・ドワイア 配給 公開 1970年12月18日 1971年2月5日 1971年4月10日 1974年6月 上映時間 94分 製作国 言語 『 夜の訪問者』(よるのほうもんしゃ、原題: De la part des copains, 米題: Cold Sweat)はに公開された・合作の。 罠を使って引っかかったファウストをエレベーターで叩き伏せたジョーは、モイラを町から離れた山小屋に監禁した。

30

ホワイティ(M・コンスタンタン)と名のる男は、ロス(J・メイソン)の依頼といいジョーの船で奇妙な輸送品を運べと強制する。 男を殺してしまった後に隣家が訪ねてきてそれをゴマかすシーン。 追いつめられた二人は草原に火を放って懸命に逃げた。

14

追いつめられた二人は草原に火を放って懸命に逃げた。 ストーリー 貸し船屋のジョー・マーティンは、夜遅くに家に帰ると妻のファビエンヌから無言電話があったと聞く。

5