車庫 証明 警察 署。 保管場所(車庫)証明の申請・届出手続き

詳細は「」のサイトをご覧ください。 1 自動車保管場所届出書 2 保管場所標章交付申請書 3 自認書または保管場所使用承諾書 4 使用の本拠の位置が確認できるもの 5 保管場所の所在図・配置図 6 身分証明書 先ほど「車庫を自分で所有している場合と、他人から借りている場合では必要な書類が異なる」と解説しましたが、それが自認書と保管場所使用承諾証明書です。

2

本人の代わりに、「申請書類の提出」と「車庫証明の受け取り」は行うことが出来ます。

9

) そのうち各1通ずつは、警察署にて保管場所として確保していることを証明した日付を入れたり、警察署長の公印を押印するなどの処理が施されて返ってきます。 自己:自認書 他人:車庫の契約者の写しまたは保管場所使用承諾証明書 共有:共有者全員の使用承諾書 初めて使う車庫の場合は新規、すでに車庫証明をとったことのある車庫の場合は代替を選択します。 (1通) その他 申請者の住所と使用の本拠の位置が異なる場合の申請• 新規登録:自家用自動車(軽自動車を除く)を新規に購入するとき。

8

また、警察のHP上では記載されてないのですが、 昼休みがあるところが多いです。 多くの買取業者にお客様の個人情報が公開されることはないため、査定申込み後、突然多くの買取業者から電話がかかってきたり、しつこい営業電話がかかってくることはありません。

15

一般的には販売店経由で運輸支局へ提出します。

26

ただし、自動車の使用の本拠の位置が那覇市又は沖縄市にあるのであれば、自動車保管場所(車庫)の届出が必要です。 車庫を自分で所有している場合は自認書が必要で、保管場所使用承諾証明書は不要になります。 選んだものによって必要な添付書類が異なります。