精神 障害 に も 対応 した 地域 包括 ケア システム。 精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築に係る検討会|厚生労働省

3MB• 1)参加者への連絡・要請(申込時に確認) ・体調不良時の参加見合わせや欠席の際の連絡先などの事前周知 ・所属長の許可及び所属の方針に従っての参加であることの確認 ・受付時の検温、手指消毒 ・マスクの着用 ・会場内水分補給以外の食事の禁止 2)1㎡あたり約0. 5MB)• 厚生労働省は精神障害者の多くが「必要な地域サービスを十分に利用出来ていない」ことが、再入院率の高さに繋がっていると捉えています。 精神疾患は完治が難しい領域であり、「寛解」と言う言葉を使いますが、治療が必要な場合は入院すべきだし、病状が安定すれば退院して在宅療養に移行する流れになりますが、患者さんが再度、調子が悪くなった場合は、再入院して頂いた方が良い結果を招くことも多いのです。

9MB)• 制度対策部 2019年度に報告書として取りまとめた「精神障害にも対応した地域包括ケアシステムに寄与する作業療法のあり方」について、その考え方を周知するための説明会、および、臨床の現場での精神科作業療法の実践の上の課題について、その実態を把握するための意見交換会を実施します。 2MB• 精神疾患の入院患者の在院期間は1年以上が約17万人、うち5年以上は約9万人であり、退院者の約4割が1年以内に再入院されているとのデータがあります。 1MB• ポータルサイトの利用等は、同システムの組織が上手く機能し始めて活用出来るもので、そこに至るまでの課題が山積しているわけです。

7

第5回 2020年10月26日 (令和2年10月26日) (1)当事者、家族 の関わり ピアサポート について (2)社会参加(就 労)について (3)その他 -• 8MB)• 平成26年には精神保健福祉法に基づく「良質かつ適切な精神障害者に対する医療の提供を確保するための指針」において、この理念を支えるための精神医療の実現に向けた、精神障害者に対する保健医療福祉に携わる全ての関係者が目指すべき方向性も示されています。 2MB)• 8MB• 指定都市 札幌市 相模原市 神戸市 仙台市 新潟市 岡山市 さいたま市 静岡市 広島市 千葉市 名古屋市 北九州市 横浜市 京都市 福岡市 川崎市 堺市 熊本市• 第2回 2020年5月22日 (令和2年5月22日) (1)自治体等におけ る相談業務につ いて (2)精神医療に求め られる 医療機能 について (3)普及啓発につい て (4)その他• うつ、統合失調症、依存症、認知症などの精神疾患を抱える人たちの数は年々増えており、現在、約400万人に上ると言われます。 7MB• 7MB)• 検討会の構成員からは、行政の縦割りで上意下達になってしまうと現場から乖離してしまうとの指摘や、市町村では福祉の担い手が減っていることに危機感を持っている一方で、当事者が担い手になっていくといった実践が始まっているとの意見も出た。

横井: 私も精神科を標榜する外来専門の診療所で仕事をしてきましたが、介護事業所等を併設していなくても、必要に応じて障害者年金の手続き、障害者手帳申請のお手伝い、財産管理に係ること等について、サポートさせて頂く機会はあります。 精神障害を抱えた方へのケアの経験のない医療従事者、介護職等が、精神障害を有する方へのサービス提供を敬遠する状況も、起こり得ないとは言えないのです。

26

6MB)• 9MB• 同省のデータによると退院困難者の約3割が「居住・支援がないため」としていますが、精神障害者が地域で暮らせる場、「住まいの確保」が同システムの重要な構成要素の一つとされているのです。

29

6MB)• NEW 1月15日 第6回 2020年12月17日 (令和2年12月17日) (1)ヒアリング (2)精神障害にも対応した地域包括ケアシステムの構築を推進する人材育成について (3)これまでの議論の整理について (4)その他 -• この機会とは別にWebでの開催も検討中ですので、別途ご案内をお待ちください。 自治体状況共有シート(例年の事前課題と同等) 年度当初の「第1回 アドバイザー・都道府県等担当者合同会議」で提出いただいている事前課題について、新型コロナウイルス感染症拡大により時期をずらして提出いただいたため、過年度と名称が異なっています。

10

9MB)• 3MB)• 7MB• 精精神障害の有無や程度にかかわらず誰もが安心して自分らしく暮らすことができる地域づくりを進めるために、自治体を中心とした地域精神保健医療福祉の一体的な取組の推進に加えて、地域住民の協力を得ながら、差別や偏見のない、あらゆる人が共生できる包摂的な社会を構築していくことが重要となっています。

14

全員参加のカンファレンスが、本当に出来るのか等、実際の運営に当たっては、解決すべき課題は山積しています。